金色のガッシュ2 第二話 ネタバレ&感想まとめ!清磨、登場す。

gassyuマンガ

第二話

第一話はこちらから!

前回、「ゼリィ」と言う魔物の子を助けるため、ラストで登場した清磨。

「どきな、俺の目的はあのガキ共だ。」

ゼリィ達を追っていた魔物が、清磨にそう言います。

「だめだ。どかない。あの子たちには指一本触れさせん。」

そう、強気に返す清磨。

「ハッ、度胸があるというよりは馬鹿だな!死んでも治らねえ大馬鹿だ!」

そういいながら清磨を攻撃する敵。しかし、それは清磨には当たりません。その後も、次々と相手を翻弄する清磨。ガッシュとの戦いを経て培った瞬時の判断力で、圧倒的な力の差を誇る相手にも負けじと立ち向かいます。そして、戦いながらある疑問を抱いた清磨。

「お前は…魔物じゃないな。何者だ?」

と、それに応える敵。

「面白れえ、面白えなお前。さぁ、おれは何者なんだろうな。とりあえず、俺はワイグと呼べ。それが俺と言うカードの名前だ!」

そして、何者かが人間の文字ではない言葉で書かれたカードを動かす描写がされました。そう話している間もなく、清磨は次々と相手の攻撃を避けていきます。しかし、少しずつ動きが鈍り、ついには直撃。それでも、何でもないように立ち上がり、両手を広げ道をふさぐ清磨。

「そうか、お前、魔界の王を決める戦いのパートナーだな。」

と、相手のうちメガネを掛けた方が、不意に清磨にそう言います。

「なんだ、パートナーって。」

それに、もう一人の、「ワイグ」が尋ねます。

「例の本も絡む案件だ。魔界の王を決める伝統行事。お前、どんな魔物がパートナーだった?」

「ガッシュ・ベル。俺のパートナーの魔物は、魔界の王ガッシュ・ベルだ」

「ハハハハハ!!道理で俺を観てもビビらねえわけだ!良いことを教えてやる。あいつは死んだ!民を見捨てて負けを認めて死に去った!!みじめな死に際だったぜぇ」

しかし、当然清磨はその言葉を信じません。

「だまれ。ガッシュはみじめな死に方などしない!ガッシュが民を置き、お前たちに敗けるわけがない!」

と、ワイグは口で言っても信じないと清磨に「あの技」を繰り出します。それは、第一話でゼリィ達にラシルドを使ったような、謎の瓶からの攻撃でした。

「ザケルガ!!」

「何!?…嘘じゃない、これは、俺が知ってるガッシュのザケルガ…何故あいつが!?」

それを最後に、清磨の姿は見えなくなるのでした。

「バカが。あのガキ共は逃がしたな。」

「だがあのムカつく奴は殺した。」

「なんにせよ、これで魔物のガキ共の手がかりは無しだ。次どうやって探すんだよ。バーカ、バーカ、筋肉バーカ。」

----------------

「そうか、お前も魔物なんだな。助かったよ。ありがとう。」

清磨は、ゼリィ達と共に動いていた、犬の魔物によって間一髪助けられていました。その目に、涙を浮かべて。

感想

敵の全貌はまだ見えない中ですが、「カード」が一つのカギになってきそうですね。どうやら敵はこの二人だけではなく、他にもたくさんいる様子。そして、その手によって魔界はボロボロにされてしまいました。

ガッシュを信じる清磨も、敵がザケルガをつかったことで心が揺らぎます。流石に死んでしまっていることは無いでしょうが、謎は深まるばかりです。

現状の疑問点としては、

  • そもそもなぜ魔界が攻撃されたのか
  • 例の本、と敵が口にしていることから、それが何らかの要因?
  • ガッシュたちの生死。
  • 「カード」と言う意味と敵の存在、どのような組織なのか
  • なぜガッシュたちの技を使えるのか
  • 元ガッシュたちのパートナー(フォルゴレ、恵、ナゾナゾ博士ら)の現在

この辺りですね。とにかく、これは話を進めないとわからなそうなので、早く次が読みたいところです。

細かいところでは、清磨が立ちはだかるとき、勝手にウォンレイが重なったのは僕だけでしょうか。早くこっちも熱い技を繰り出してほしいですね。

それでは、また次回!

コメント

タイトルとURLをコピーしました