原神という神ゲーム。―原神を始めようと思ってる人向け、面白さ、魅力を解説する記事―

原神

今回は、僕が今までで一番ハマったスマホゲームである、原神について書いていきたいと思います。

主に、原神に興味はあるけどやろうか悩んでいる、というような方向けに、必要な情報だけぎゅっとまとめました。それでは、どうぞ!


Genshin Impact – Step Into a Vast Magical World of Adventure
Genshin Impact is an open-world action RPG. In the game, set forth on a journey across a fantasy world called Teyvat. In this vast world, you can explore seven ...

ダウンロードは上記URLから!

はじめに:原神ってどんなゲーム?

原神は、「新世代オープンワールドRPG」と銘打たれた、圧倒的クオリティのゲームです。

プレイヤーは「旅人」となり、原神の世界であるテイワット大陸を旅していきます。道中様々なキャラクターと交流し、共に戦い、探索しながら、物語を進めていきます。

イメージ的には、「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」が近いでしょうか。基本的には、広大な世界を、旅して謎を解いて敵を倒していく感じです。

正直、無料ゲームのクオリティではありません。では、じっくり魅力を解説していきます。

原神の魅力①キャラクター

原神は、一般的なソシャゲと同じように、配布とガチャでキャラクターを集め、育て、戦っていきます。

そのキャラクターが本当に個性的かつ魅力的で、必ず何人も推しキャラができてしまうこと間違いなし。

しかもそのキャラクターを、自由自在に動かすことができるんです。水を泳ぎ、崖を上り、釣りをして、休ませて、もちろん戦って。もうそれだけで、時間が溶けていきます。

また、このゲームにもレアリティがあり、星4キャラクターと星5キャラクターがいるのですが、これがいい意味で詐欺。星4でも星5以上の性能を持ったキャラクターがザラにいますし、プレイヤーの愛情次第でレアリティなんてあってないようなもの。

「このキャラは好きだけど弱いからな…」ってことが、このゲームだとまずありません。だいたいどのキャラクターでもガチ勢がいます。

まあ、正直全キャラクター好きになってしまうと思いますけどね。それくらいどのキャラも魅力的です。魅力的というのは、ボイス、デザイン、性格、などなど様々な要素がということです。

また、敵キャラクター達も魅力的なのがすごくいい。敵も、よくあるソシャゲみたく何種類しかいないんじゃなく、様々な敵がたっくさんでてきます。敵キャラの中にも推しができる勢いです。敵が魅力的な作品は名作の法則って、ありますよね?

また、プレイアブルキャラクターにはストーリーやボイスが個別に用意されているのも最高です。

好きなキャラを自由に動かせて、かつ誰にも負けないくらい強くできる。」

これが原神の一つ目の大きな魅力です。

魅力②細部までのこだわり

はい、ここで原神がこだわっている細かいところを一気に。

・グラフィックがめちゃくちゃキレイ。もうこれでもかってくらいに美しい映像です。もちろんキャラクターデザインも含めて。一目見れば引き込まれること間違いなし。まあこれは細かいところというか、原神の大きな売りではあるんですが…メインというよりゲームデザイン的な話なのでここで紹介しました。

・音楽にもこだわってる。BGMにプロのオーケストラを採用したり、かくマップごとに細かくBGMを変えたり、そしてそのどれもが雰囲気にマッチしていたり。BGMで有名なゲームは数多く存在しますが、原神もそこに加わっていいと思えるほどの完成度です。

・キャラクターの戦闘モーションがすべて違う。これ、地味ですけどめっちゃくちゃすごくないですか?ほかのゲームだと、ジョブは選べても同じジョブ同士なら攻撃スタイルは基本一緒だと思います。けど原神は、おなじ弓キャラクターでも、戦闘モーションが全く違うんです。これ、はじめてみたとき衝撃でした。

・モブキャラまでこだわる。基本的にモブキャラにも名前がついており、話せるキャラも多い。しかもサブクエストで交流する機会もある。モブがモブとして機能していません。いい意味で。

・運営のフットワークが軽い。これもソシャゲやるうえで大事なポイント。原神を運営するmiHoYoは、とにかくユーザーの声をよく聞いてくれます。大型アップデートが六週間ごとにあるのですが、その間にもバグや不具合があればすぐ修正することはもちろん、「この仕様もっとこうならいいのにな」と多くのユーザーが思っていることは基本的に変更してくれます。もちろんゲームバランスを損なわないように。真摯な対応に言葉もありません。


魅力③重厚なストーリー

僕はソシャゲやる上で、割とストーリーを重視してしまうんですが、原神のストーリーは圧巻。何度も感動シーンがあり、面白いシーンがあり、カッコイイシーンがあり、かわいいシーンがあり、熱い展開が待っています。ほんと、はやくアニメ化してほしいレベルです。

おそらく下手なラノベや小説より面白いんじゃないでしょうか。それくらい、キャラの魅力の描き方、謎の深め方、物語の進め方、王道かつ大胆な展開、素晴らしいです。

魅力④新しい戦闘スタイル

なんといっても原神の目玉は、その戦い方。このゲーム、「元素反応」という独自のデザインを用いて戦闘していきます。

わかりやすくポケモンで例えると、(?)まず敵にみずてっぽうを撃ちます。すると敵は「湿潤状態」つまり、濡れた状態になります。その状態の敵にひのこを撃ちます。すると、湿潤状態に火が反応し、敵に蒸発ダメージが入るのです。

もう一つ例を挙げます。相手にみずてっぽうを撃った後、今度はれいとうビームを撃ちます。すると、湿潤状態に氷が加わり、相手を「凍結」させることができます。

 わかるかな…

とにかく、異なる属性のスキルをうまく組み合わせて攻撃することで、敵に大ダメージを与えたり凍らせたりすることができるのが、この「元素反応」のコンセプトです。

これ、最初は面倒くさい、って僕も思ってました。皆さんと同じように。ですが、このシステムが本当に面白いんです。奥が深くて、やればやるほどのめりこんでいきます。

キャラによって属性が決まっているので、どのキャラとどのキャラを組ませると強いか。それを考えているだけで、あっという間に夜です。はい。

少しやれば絶対にハマること、間違いなしです。またこれです。ごめんなさい。

魅力⑤自由度の高さ

先でも少し触れましたが、このゲームの自由度はかなり高くなっています。

具体的には、釣りができて、料理ができて、泳げて、崖が昇れて、空を飛べて、ハウジングができて、戦闘ができて、船に乗れて、かわいい女の子たち、かっこいい男の子たちとなかよくなれます。ね、ヤバいでしょ?あと、一応戦闘もできます。

ハウジングなんて、それだけで一つ別のゲームですよ。それぞれの分野でガチ勢がいます。たぶん。

こんなんやるしかなくない?

原神の魅力的でない点

さんざん褒めちぎってしまったので、一応これについても触れます。

まずは容量。低スペックなスマホやパソコンだと、正直ストレスが溜まります。

自分はPSとスマホの二台体制ですが、スマホに関しては最新機種に変えるまで重すぎてゲームになりませんでした。

原神をやる上でもっともおおきな壁が、この容量かと思います。

また、最初が一番敵が強いところも少し悩ましい点。物語が進みキャラが育っていくとだんだん簡単に倒せるようになっていくのですが、最初は敵が本当に強いです。できればうまくマルチプレイを利用するのが吉。

あとはやれることが多すぎて、「ちょっと暇なときに片手間で」向きのゲームではないこと。まあこれは表裏一体ですね。面白いことの裏返し。

また、推しキャラのガチャが来ない。ってところも割とマイナスポイント。原神のガチャは、周期的にピックアップキャラが更新されていくシステムで、一度機会を逃すと再度ピックアップするまでに相当の時間がかかります。そこはちょっと新規さんにはマイナスですね。

まとめ

隙のないハイクオリティゲーム原神。

容量の壁と、最初の少し退屈ゾーンを乗り切れば(っていっても最初から楽しいですが)、そこから先はノンストップのハイパー楽しい原神ライフです。みなさん、ぜひ沼にハマってみませんか?


コメント

タイトルとURLをコピーしました